MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 【特集】新築アパート投資をもっと知るための比較 » 新築vs中古

新築vs中古

アパート運営をする際、新築と中古のアパート、どちらへ投資するべきか比較をしています。

新築アパートと中古アパートの違いとは?

新築アパートの特徴

新築アパートのメリットは、内装・外装・間取り・設備など、最近のトレンドに合った人気の高い物件を手に入れられることです。これにより高い入居率が望め、空室のリスクも回避できます。新築のうちは修繕・管理コストもほぼかからないでしょう。

中古アパートの特徴

中古アパートのメリットは何といっても、購入価格が安く済むことです。購入時にすでに入居者がいる場合は、すぐに家賃収入が得られるというメリットもあります。しかし、間取り・設備・内装・外装のデザインが古かったり、ニーズに合わなかったりする場合は空室リスクが高くなることも考えられるので、リフォーム費用やメンテナンス費用も購入時に考えておく必要があるでしょう。

利益はどっちが出やすい?

低価格が魅力のアパートであっても、新築だと高い家賃設定が可能。建物一棟を購入するので、複数の入居者から家賃収入を得ることができます。そのため、高リターンを期待することができるのです。中古アパートの場合は家賃を下げなくてはいけないケースもあるため、新築に比べると高い利益を得るのは難しいでしょう。

金融機関から融資を受けやすいのは?

新築アパートの方が融資がつきやすいため、自己資金が少なくて済む場合もあります。中古アパートでは、ローン審査が新築と比較して厳しい傾向であるため、場合によっては自己資金が必要になるケースも。さらに融資の期間が短く設定されるケースも多く、その場合は月々の返済金額が大きくなってしまう可能性も出てきます。

投資運用後の売却

運用後の売却を考える際、重要となるのがアパートの持つ「売りやすさ」です。新築アパートでは利用する金融機関において最長のローン期間を組むことができる一方、中古アパートはその金融機関で決められた年数から経過年数を差し引いた残年数がローンの期間となります。

アパートが古くなるほどローンを組める期間が短くなるので、返済額は増えることに。返済額が増えると手取り額が減ってしまうため、次の購入者にとって長いローン期間が見込める「新築」で購入した方が「運用後に売却しやすい」ということになります。入居率・修繕管理コスト・高リターン・運用後の売却をトータルで見ると、新築アパートの方が多くのメリットがあるといえるでしょう。

>新築アパート投資をもっと知るための比較をチェック

新築アパート投資に
おすすめの業者3選

アメニティジョイハウス

ノウハウと資産を貯蓄
投資イメージ
「プロが勧める厳選物件」

シノケン

コスト高でも手間かからず
投資イメージ
「管理委託のサブリース物件」

TATERU

物件選びを楽しむ
投資イメージ
「経験で選ぶIOT物件」
Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ