MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 不動産投資会社の物件例や特徴・評判をチェック » アイケンジャパン

アイケンジャパン

株式会社アイケンジャパン公式HP

画像引用:株式会社アイケンジャパン公式HP(http://aikenjapan.jp/)

アイケンジャパンを利用した方の口コミ評判

アイケンジャパンの取扱物件と年間想定収入例

住所:福岡市東区原田2丁目
間取り:1LDK
戸数:6戸
価格:要問い合わせ
年間想定収入:要問い合わせ

アパート経営に特化した「アイケンジャパン」

アイケンジャパンは、福岡を中心に首都圏や西日本の主要都市で、アパート経営を軸とした不動産投資を提供する会社です。

駅15分圏内の好立地に加え、デザインや快適性、耐震性などに優れた物件であることから、入居率は築10年の物件でも98%。オーナーからの評判も良いようです。

クオリティの高い物件でアパート経営をサポート

投資物件の企画・設計から自社で手掛けるアイケンジャパン。その物件の特徴は、クオリティの高さにあります。デザインやセキュリティといった点はもちろん、特に構造においては定評です。

例えば、防音・遮音性を高めるため、独自のSVC構造を採用。騒音によるクレーム対応を低減させます。

アイケンジャパン独自のSVCは、1階の天井部分から2階の床部分にあります。1階の天井部分には、通常9.5mmのボードを使うところを「15mmの硬くて厚い強化ボード」にし、また、2階の床との接触部分には、防振ゴムが床から天井に伝わる振動を防ぐ「防振吊木金具」をはめ込みます。

2階の床には、弾力性のある接着剤で軽量床衝撃音対策に効果を表す「サウンドカットグミ(特殊制振張合せ材)」や、空気伝揺音と重量衝撃音の対策に効果を表す「硬質石膏ボード12.5mm」を採用し、衝撃や振動を更に抑えた構造となっているのです。

また、音や衝撃に配慮した造りは、同じ階の隣接する住戸間にもみられます。それは、住戸の配置です。一般的なアパートは、住戸の配置が並列になっていますが、アイケンジャパンのアパートは、4戸あればそのすべてが角部屋になる構造。住戸間を水回りや収納で仕切り、隣接する住戸の防音効果を高めます。

雨風をしのげるよう、オートロックや共用廊下、共用階段などを屋内にしたり、防犯砂利の使用や死角を作らない工夫がされていたりと、防音対策のほかにも入居者の住み心地が考慮されている部分が多く見られます。

デザイン性の高さにも定評のあるアイケンジャパンですが、部屋部分だけではなく、こだわりのクオリティを表す構造もまた優れたデザイン性の一つといえるでしょう。こだわりの配置と常識にとらわれないアイデアで入居者の快適性が実現されており、入居者やオーナーに選ばれる大きな理由となっています。

そして、もう一つのアイケンジャパンのこだわりは「耐震」です。アイケンジャパンは、耐震性能についても建築基準法で定める基準の1.3倍の強度を持ち、地震に強く安心して暮らせるアパートを提供しています。

アイケンジャパンの耐震のポイントは、「キソゴム」と「独自のBSP構造」。木造住宅の土台と基礎の間に設置する積層ゴム「キソゴム」は、衝撃や振動を吸収して建物に伝わる揺れを軽減し、また、新築時の剛性を維持する効果があります。地震による建物の揺れは最大50%も軽減できるとあり、その耐震性は魅力的な要素となるでしょう。

また、構造用合板を使用した独自のBSP構造により、地震によるアパート倒壊のリスクをさらに低減。地震や台風などに耐えられるよう「耐力壁」を多く使用することで、建築基準法で定められている基準の1.3倍の強度を備えて、建物や入居者を守ります。

住宅性能表示制度による建物の評価項目として知られている、耐久性や可変性に関する建築基準「劣化対策等級」において、アイケンジャパンは最高レベルの等級3の水準に達しているようです。(H29年3月以降販売物件)

等級2レベルは、通常想定される自然条件や維持管理条件のもとで50年~60年程度長持ちするように対策が講じられていることを示しますが、アイケンジャパンの等級3レベルは、75年~90年程度まで長持ちするような対策がとられているということを示します。

アイケンジャパンのターゲットは、社会人の女性です。立地条件や建物のデザイン性、間取り、設備、セキュリティ面、構造、耐震など、細かいところまで満足いく住宅を希望する女性の声に応えるべく、ワンランク上の住み心地と満足感を目指して作られているのがアイケンジャパンのアパート。

オーナー自ら「住みたい!」と思わせ、入居者だった人がその住み心地に感動して自らオーナーとなることもあるほどですから、そのクオリティの高さがうかがえますね。

不動産仲介会社とのつながりが強い

空室リスク対策として、大きく2つの点でバックアップしてくれます。

1つは物件を紹介してくれる不動産仲介会社との連携。仲介会社に対して、空室リストを随時配信するシステムを構築しており、アイケンジャパンのアパートを優先して紹介してもらえるよう、つながりを深めているようです。

もう1つが、空室保証(サブリース)。ローンの返済金額は一定の場合が多いですが、アイケンジャパンでは保証期間を選択できる一括借上家賃保証システムを用意しています。

ちなみに、家賃滞納について、創業以来1ヶ月以上滞納した人はゼロだそうです。

基本情報

会社名 株式会社アイケンジャパン
所在地 東京都港区赤坂7-1-16 オーク赤坂ビル11F
事業形態 アパート・マンションの企画・販売、設計、施工、監理
物件取扱エリア 福岡、広島、岡山、近畿圏、名古屋、首都圏、仙台
まずは専門家に相談!

不動産投資を始める場合、ネットでさまざまな情報を入手することも可能ですが、投資セミナーへ参加や専門家に直接話を聞くことが重要です。目まぐるしく変わる市場についての情報や、数多く手がけた経験やノウハウを基にした知識を活用し、資産運用を成功に導きましょう。

新築アパート投資に
おすすめの業者3選

アメニティジョイハウス

ノウハウと資産を貯蓄
投資イメージ
「プロが勧める厳選物件」

シノケン

コスト高でも手間かからず
投資イメージ
「管理委託のサブリース物件」

アイケンジャパン

物件選びを楽しむ
投資イメージ
「立地・性能で選ぶ物件」
Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ