手軽さ重視

シノケン

ノウハウ重視

アメニティ
ジョイハウス

物件重視

アイケンジャパン

新築アパート投資のメリットをリサーチ
MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 初心者におすすめ!新築アパート投資のメリットとは

初心者におすすめ!新築アパート投資のメリットとは

新築アパート投資は初心者におすすめ!

新築アパート

不動産投資を考えている初心者の方には、新築アパート投資が特におすすめ

その理由は、新築はメンテナンスなどの維持・管理の手間がかからないうえ、入居者の募集がしやすく、高い家賃設定もしやすいからです。さらに長期の融資もつきやすいので、借入金の返済額も低く抑えられキャッシュフローが大きくなります。

「新築」であることで当面の間は「中古」よりもメンテナンスコストが抑えられますし、人気の間取りを選ぶ自由度の高さや入居者ウケの良い設計プランを作ることができる点もメリットといえるでしょう。

また、「アパート」を選ぶことで、「マンション」よりも建築コストを抑えることができるので、初期投資額の面でも嬉しいメリットです。

このように「新築か、中古か」「アパートか、マンションか」でもメリット・デメリットが変わります。もう少し比較してみたいという方は当サイト内で詳しく比較しているので、そちらを参考にしてください。

まずは専門家に相談!

初心者オーナー、素人不動産投資家さんの失敗は決して少なくありません。 信頼できる不動産の専門家の協力を得て、不動産投資に関する悩みを解決することをおすすめします。

不動産投資に関するセミナーや勉強会、相談会を行っているところも多いので、相談先を事前にピックアップし、不安な点の解消や不動産トラブルに遭わないためのアドバイスをもらえるようにしておきましょう。

新築アパート投資のメリットをチェック

このカテゴリででは、新築アパートのメリットを紹介しています。

自己資金が少なくても可能

新築アパートへの投資は、土地+建物で販売してくれる会社を選べば、少額の自己資金からでも経営をスタートさせることができます。

自己資金は多ければ多いほど良いのですが、新築アパートはメリットが多いので、アパート経営の取りかかりとしては不利になりません。

なぜ新築アパートならメリットがあるのか。経営に有利となる条件の存在。新築であることが優遇される理由について解説しました。

古いアパートなら修繕費用もかさみます。新築ならメンテナンス費用も高くありません。本当に投資が可能できるだろうか。もっと貯めないとダメなのでは…。

そんな迷いのある人は、なぜ少ない自己資金からでも経営に乗り出せるのか、その理論を読んでみてください。

アパート経営の自己資金やかかる費用について詳しくチェックする>>

空室リスクが少ない

アパート経営の収入は家賃なので、空室があれば収入はありません。とても単純な構図ですが、この空室を埋められるどうかによって成功と失敗に分けられてしまいます。

新築アパートに空室リスクが低いのは、新築であるがゆえにいくつもの優位ポイントが挙げられているからでしょう。

せっかく一人暮らしを楽しむなら、古くて暗い中古アパートよりは、新しくてキレイな新築アパートに心が動かされるものです。もちろん個人差はありますが、女性や新婚さんなら特に新生活に新築アパートを選ぶのは珍しいことではありません。

このように新築アパートは入居率が高く、集客で苦労するケースが少ないため、運営後に売却しやすいのも特徴です。

アパート経営の空室リスクについて詳しくチェックする >>

維持・管理コストが低い

入居者にとって暮らしやすいアパートを維持するためには、過ごしやすい環境が整っているかどうか定期的に巡回しなければなりません。

共用スペースが汚れていないか。防犯設備に問題はないか。管理を委託している会社へそれらを依頼して、維持費として管理費用を支払うことで運営します。

中古アパートは建物や設備の劣化によって、大がかりな費用が発生する可能性もありますが、新築アパートではまずありえません。

管理コストの低さから考えても、新築アパートへの投資がおススメです。また、中古アパートの修繕費についてはカラクリがあります。

あまり表に出てくるとはありませんが、中古に潜むコストデメリットを説明しているので参考にしましょう。

アパート経営の維持費・管理費について詳しくチェックする >>

節税対策としても活用できる

新築アパートへ投資することで、節税効果を得られます。新築は中古物件よりも資産価値や減価償却が高いため、税金の面で有利になるのです。

不動産投資を始める人の多くはこの節税効果を狙ったもので、相続税や年金対策にも活用されています。

当然中古アパートを購入するほうが建物費用は安くて済みますが、課税対象としては効果ありません。新築は木造アパートで22年の法定耐用年数があるため、購入した価格÷22年=毎年の減価償却費として載せることができます。

この減価償却費を収入から引けるので、新築アパートのほうが節税できると言われているのです。アパート経営の具体的な節税法。どうすれば税金が抑えられるのか。新築アパートへ投資する上での長期的な対応についても紹介しています。

アパート経営の節税対策・税金について詳しくチェックする>>

いくらかかる?新築アパート投資

新築アパートの相場を知るためには、建築費用と土地費用、それぞれがどれだけかかるのか、という2つの概算を知っておくことが大切です。

建築費用の坪単価は、首都圏内のどの地域でも、極端に差が出ることはめったにありません。しかし土地に関しては、地域によって坪単価に非常に大きな差が出ます。

ここで新築アパートの建築費用の概算算出法と、おもな土地の坪単価の紹介などをしていきますので、あなたの新築アパート投資にかかる費用を試算する手助けにして下さい。

新築アパート経営の費用について詳しくチェックする >>

新築アパートへの投資はメリットが目立ちますが、変動金利へのリスク・家賃利益率・長期経営になった際のメンテナンス費用・複雑な税額計算など、いくらかのデメリットもあります。

そしてデメリットを回避するためには、幅広い知識や情報を身につける必要があるでしょう。

ただ、それを自分だけでどうにかしようと動き回ったとしても、元々備わっていないものを強みにはできません。わからないことや面倒な手続きに時間を費やすのではなく、信頼できる不動産投資会社へ相談したほうが早く進みます。

高リターンを求めているなら、アパート経営のプロである不動産投資会社を味方につけて、投資成功へのプロセスを実感してください。

新築アパート投資のデメリットをチェック

自己資金が少なくても可能、空室リスクが少ない、維持・管理コストが低い、節税対策としても活用できるなどのメリットがある一方、新築アパートにはデメリットが存在します。

このところ、不動産投資を背景にした事件が起きているため、新築アパートの投資環境は次第に慎重な行動を必要としてきています。

ごく最近起こったものだけを挙げてみても、シェアハウス不正取引事件、大手不動産会社による投資用のアパート販売での融資資料改ざん事件などがあり、どちらも世間を大きく騒がせています。

こうしたことからも新築アパート投資のデメリットやリスクなどを考える際には、これらの点も併せて考慮に入れる必要があります。

新しい物件には未知の部分が多く投資に危険が伴う

新築アパート投資のデメリットを考える上では、旧来のものとは異なる新しいタイプの物件が含まれている点を念頭におく必要があります。

例を挙げてみますと、最近の事件で社会問題にもなったシェアハウスがありますが、この物件は歴史が浅く取引件数が少ないだけに正確な情報が掴みにくいという難点があります。それ故に安易に手を出すと危険が伴います。

新しい物件は情報が乏しい

新築アパートも時代に沿っていろいろと新しいタイプの物件が出てきます。新しい物件は過去の取り扱い実績が少ないため情報が乏しい状態です。

情報不足のまま取り組むと思わぬトラブルに見舞われることもあり、最近起こったシェアハウス不正取引事件が良い例です。

初期費用が高い

新築アパートは中古アパートと比較すると初期費用が3~4割高くなるのが普通です。したがってローンの借入が多くなり毎月の返済額が大きくなります。

これをカバーするためには高い入居率が必要になり、空室率が高ければ返済に困難をきたします。

物件の利回りが低く、稼働までに時間がかかる

最近のデータによる新築アパート物件の平均利回りは6.5%となっており、例えば築30年の中古物件の平均利回り8.5%と比べると2%も低くなっています。

このように新築アパート物件の利回りの低さはデータでもはっきり証明されており、ハンデを補うためには空室率を下げるしかありません。

また、新築アパートは出来合いの規格型アパートを除いて、実際に稼働するまで時間がかかるという難点があります。

特に用地を確保してから建築が始まる場合だと最低でも半年はかかります。その後すぐに入居者募集に入っても、実際に稼働するのは用地確保から1年前後を要してしまいます。

新築アパート投資ではリスクに対する備えが必要

物件 投資

どの投資にも通じることですが、新築アパート投資においてもリスクヘッジするための備えが必要になります。

不動産投資詐欺、家賃滞納、入居者減少、自然災害といった諸トラブルに対応できるようにしておきましょう。

不動産投資詐欺リスク

新築物件は情報が乏しく、事業がうまくいかないこともあります。また情報が少ないことに付け入られて詐欺の被害に遭うこともあります。最近大きな話題になった、多くのサラリーマンオーナーが被害を被ったシェアハウス不正取引事件にこれがよく表われています。

家賃滞納リスク

入居者の収入事情は一定とは限りません。転職、勤務先の倒産などにより収入が減少、消失して家賃を払えなくなる場合も考えられますので、そうなると家賃滞納や不払いが発生して収入源を余儀ない状態になってしまいます。

入居者減少リスク

アパート経営で経営者が最も被害を被りやすいのがこのリスクです。アパート経営は入居者の賃料で成り立つビジネスである以上、入居者減少で賃料が減れば経営が傾きかねません。

自然災害リスク

このところ地震、水害などの自然災害が増えていますよね。これによる建物の倒壊、消失リスクを考えないわけにはいきません。傷害保険への加入や耐震性や防火性の高い物件の選択が必要になります。

不動産投資初心者向けの慎重な投資会社の選び方について詳しくチェックする >>

新築アパート投資をこれから始める人が読んでおきたい記事

新築アパート投資をこれから始める人が読んでおきたい情報を紹介します。

新築アパート投資をする上で知っておきたい金利について

新築アパート投資には金利の知識が欠かせません。なぜなら、新築アパート投資の収益性は運用利回りに左右されるからです。特に覚えておきたいのは、収入から経費を引かない表面利回りと、収入から経費を差し引く実質利回りの2種類があることです。

新築アパート投資をこれから始める人が読んでおきたい記事について詳しくチェックする >>

新築アパート投資をする上で知っておきたい税金について

新築アパート投資では税金も大きく関わってきます。大きく分けると、物件の「保有にかかる税金」と「取得にかかる税金」があり、その中に所得税、住民税、固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税、印紙税、消費税があります。

新築アパート投資をする上で知っておきたい税金について詳しくチェックする >>

新築アパート投資をする上で知っておきたい節税について

新築アパート投資には収益だけでなく節税効果もあります。具体的には物件取得価額を減価償却費として計上することができたり、給与所得者は新築アパート投資費用を必要経費にすることで、所得税や住民税を減額することができます。

新築アパート投資をする上で知っておきたい節税について詳しくチェックする >>

新築アパート投資に
おすすめの業者3選

アメニティジョイハウス

ノウハウと資産を貯蓄
投資イメージ
「プロが勧める厳選物件」

シノケン

コスト高でも手間かからず
投資イメージ
「管理委託のサブリース物件」

アイケンジャパン

物件選びを楽しむ
投資イメージ
「立地・性能で選ぶ物件」
Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ