MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 初心者におすすめ!新築アパート投資のメリットとは

初心者におすすめ!新築アパート投資のメリットとは

新築アパート投資は初心者におすすめ!

新築アパート

不動産投資を考えている初心者の方には、新築アパート投資が特におすすめ

その理由は、新築はメンテナンスなどの維持・管理の手間がかからないうえ、入居者の募集がしやすく、高い家賃設定もしやすいからです。さらに長期の融資もつきやすいので、借入金の返済額も低く抑えられキャッシュフローが大きくなります。

「新築」であることで当面の間は「中古」よりもメンテナンスコストが抑えられますし、人気の間取りを選ぶ自由度の高さや入居者ウケの良い設計プランを作ることができる点もメリットといえるでしょう。

また、「アパート」を選ぶことで、「マンション」よりも建築コストを抑えることができるので、初期投資額の面でも嬉しいメリットです。

このように「新築か、中古か」「アパートか、マンションか」でもメリット・デメリットが変わります。もう少し比較してみたいという方は当サイト内で詳しく比較しているので、そちらを参考にしてください。

まずは専門家に相談!

初心者オーナー、素人不動産投資家さんの失敗は決して少なくありません。 信頼できる不動産の専門家の協力を得て、不動産投資に関する悩みを解決することをおすすめします。

不動産投資に関するセミナーや勉強会、相談会を行っているところも多いので、相談先を事前にピックアップし、不安な点の解消や不動産トラブルに遭わないためのアドバイスをもらえるようにしておきましょう。

新築アパート投資のメリットをチェック

このカテゴリででは、新築アパートのメリットを紹介しています。

自己資金が少なくても可能

新築アパートへの投資は、土地+建物で販売してくれる会社を選べば、少額の自己資金からでも経営をスタートさせることができます。

自己資金は多ければ多いほど良いのですが、新築アパートはメリットが多いので、アパート経営の取りかかりとしては不利になりません。

なぜ新築アパートならメリットがあるのか。経営に有利となる条件の存在。新築であることが優遇される理由について解説しました。

古いアパートなら修繕費用もかさみます。新築ならメンテナンス費用も高くありません。本当に投資が可能できるだろうか。もっと貯めないとダメなのでは…。

そんな迷いのある人は、なぜ少ない自己資金からでも経営に乗り出せるのか、その理論を読んでみてください。

アパート経営の自己資金やかかる費用について詳しくチェックする>>

空室リスクが少ない

アパート経営の収入は家賃なので、空室があれば収入はありません。とても単純な構図ですが、この空室を埋められるどうかによって成功と失敗に分けられてしまいます。

新築アパートに空室リスクが低いのは、新築であるがゆえにいくつもの優位ポイントが挙げられているからでしょう。

せっかく一人暮らしを楽しむなら、古くて暗い中古アパートよりは、新しくてキレイな新築アパートに心が動かされるものです。もちろん個人差はありますが、女性や新婚さんなら特に新生活に新築アパートを選ぶのは珍しいことではありません。

このように新築アパートは入居率が高く、集客で苦労するケースが少ないため、運営後に売却しやすいのも特徴です。

アパート経営の空室リスクについて詳しくチェックする >>

維持・管理コストが低い

入居者にとって暮らしやすいアパートを維持するためには、過ごしやすい環境が整っているかどうか定期的に巡回しなければなりません。

共用スペースが汚れていないか。防犯設備に問題はないか。管理を委託している会社へそれらを依頼して、維持費として管理費用を支払うことで運営します。

中古アパートは建物や設備の劣化によって、大がかりな費用が発生する可能性もありますが、新築アパートではまずありえません。

管理コストの低さから考えても、新築アパートへの投資がおススメです。また、中古アパートの修繕費についてはカラクリがあります。

あまり表に出てくるとはありませんが、中古に潜むコストデメリットを説明しているので参考にしましょう。

アパート経営の維持費・管理費について詳しくチェックする >>

節税対策としても活用できる

新築アパートへ投資することで、節税効果を得られます。新築は中古物件よりも資産価値や減価償却が高いため、税金の面で有利になるのです。

不動産投資を始める人の多くはこの節税効果を狙ったもので、相続税や年金対策にも活用されています。

当然中古アパートを購入するほうが建物費用は安くて済みますが、課税対象としては効果ありません。新築は木造アパートで22年の法定耐用年数があるため、購入した価格÷22年=毎年の減価償却費として載せることができます。

この減価償却費を収入から引けるので、新築アパートのほうが節税できると言われているのです。アパート経営の具体的な節税法。どうすれば税金が抑えられるのか。新築アパートへ投資する上での長期的な対応についても紹介しています。

アパート経営の節税対策・税金について詳しくチェックする>>

新築アパートへの投資はメリットが目立ちますが、変動金利へのリスク・家賃利益率・長期経営になった際のメンテナンス費用・複雑な税額計算など、いくらかのデメリットもあります。

そしてデメリットを回避するためには、幅広い知識や情報を身につける必要があるでしょう。

ただ、それを自分だけでどうにかしようと動き回ったとしても、元々備わっていないものを強みにはできません。わからないことや面倒な手続きに時間を費やすのではなく、信頼できる不動産投資会社へ相談したほうが早く進みます。

高リターンを求めているなら、アパート経営のプロである不動産投資会社を味方につけて、投資成功へのプロセスを実感してください。

Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ