手軽さ重視

シノケン

ノウハウ重視

アメニティ
ジョイハウス

物件重視

アイケンジャパン

新築アパート投資をする上で知っておきたい減価償却について
MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 初心者におすすめ!新築アパート投資のメリットとは » 新築アパート投資で覚えておきたい減価償却の知識

新築アパート投資で覚えておきたい減価償却の知識

減価償却

ここでは、新築アパートを購入後の減価償却について紹介していきます。経費として計上できる費用になるため、税金を抑えることができます。余分に税金を払わないためにも、しっかりと知識を身に付けていきましょう。

新築アパートの減価償却について

減価償却をざっくりと説明をすると、高い設備や不動産を購入した場合、経費として一気に計上するのではなく、分割して計上することいいます。

言い方を換えると、購入したモノは日が経つごとに価値を下げていきます。その下がってしまった分を経費として計上をするというものです。例えば、10年前のモノと20年前のモノを同じ値段で売られたら、当然、10年前のモノを購入するかと思います。これは比較的新しいモノの方が価値があると考えるからです。

一筋縄ではいかない計算方法

この減価償却は非常に難しいです。ここでサクッと説明ができるほど単純なものではなく、細かい計算をしていかないといけません。さらに、どのような方法で減価償却費を算出するのかで話も変わってきます。

考慮しないといけない点の一例を挙げると、鉄筋コンクリート造のアパートの耐用年数は47年となっており、新築日から何年経過しているのか?で計算が変わってくるなどがあります。

コツさえ掴めばスピードは上がる

最初の入口は確かに難しいです。計算式がたくさんあり、考慮すべき点が多くあるため、ハードルを上げてしまっているわけです。しかし、実は慣れてくると、考慮すべき点が一定部分であり、そこだけの数字を変えていけば、ある程度簡略化ができることに気付きます。ここまで理解をすれば、意外とスムーズ時に自分自身で計算することができます。

余裕があれば税理士に委託するのも1つの手

とはいえ、やはり素人が計上しようとするとミスがあり、結局節税ができなかったことも多々あります。そこで頼りになるのが税理士です。無料相談もしてくれるため、悩んだときには頼ってみるとよいでしょう。もし金銭的な余裕があれば委託してしまうの手です。

新築アパート投資に
おすすめの業者3選

アメニティジョイハウス

ノウハウと資産を貯蓄
投資イメージ
「初心者向け 関東物件」

シノケン

コスト高でも手間かからず
投資イメージ
「大手で安心 地方向け物件」

アイケンジャパン

物件選びを楽しむ
投資イメージ
「玄人向け 性能こだわり物件」
Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ