MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 初心者におすすめ!新築アパート投資のメリットとは » 空室リスクが少ない

空室リスクが少ない

こちらのページでは、「入居率」「修繕・管理コスト」「高リターン」「運用後の売却」の面から、新築アパートが優位であることを解説していきます。

新築アパートはあらゆる面で優位

入居率が高い

新築アパートは内装・外装・設備など、どの部屋もベストな状態で入居者を迎えることができるため、入居者の満足度が高まり長期の入居につながるのです。退居者が出たとしても新築のうちのリフォームであれば、それほどコストもかからずに綺麗な状態に戻すことができるので、入居率が高くなります。

修繕・管理コスト

アパート経営にかかる経費として、管理費や修繕費は欠かせません。修繕費は空室率を上げないためにも大切な費用であり、オーナー都合で削ることが難しい費用です。しかし、新築であれば建物や付帯設備の維持費はかかりにくく、修繕に多額の費用がかかることもほぼないでしょう

高リターン

アパート投資は1室を購入するマンション投資とは違い、建物1棟を購入するため、複数の入居者からの家賃収入が見込めるメリットが多いといえます。

例えば、10室の収益アパートならば1室が空室になっても家賃の減少分は10%だけです。入居者のいる9室分90%の家賃収入が見込めるため、高リターンとなるでしょう。高リターンを望むなら、部屋数の多い物件を選ぶのも効果的な方法のひとつです。

運用後の売却

運用後の売却を考える場合、アパートの持つ「売りやすさ」が重要となります。新築アパートでは利用する金融機関において最長のローン期間を組むことが可能です。一方、中古アパートは一般的にその金融機関で決められた年数から経過年数を差し引いた残年数がローンの期間とされています。

例)
新築アパートの場合:新築アパートを10年後に売却した場合、売却時の築年数は10年
中古アパートの場合:築10年の中古アパートを購入し10年後に売却した場合、売却時の築年数は20年

古くなるほどローンを組める期間が短くなるので、同じ金額を借り入れても返済額に大きな差がでてしまうのです。つまり、ローンの期間が短いほど返済額は増え手取り額が減ってしまうため、長いローン期間が見込める新築で購入した方が、運用時は得になります。そのうえ、売却の際には次の購入者から見て購入しやすい条件になるのです。

例を見ても、運用後の売却を考える際には新築アパートの方にメリットがあるといえるでしょう。

>新築アパート投資が初心者におすすめなメリットとは?

Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ