MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » アパート経営のリスクと注意点 » 災害リスク

災害リスク

アパートという建物の特性上、アパート経営にはさまざまな自然災害に見舞われるリスクがあります。こちらのページでは「災害」という不測の事態がもたらすリスクについてご紹介しているので、参考にしてみてください。

災害リスクを軽減するポイント

災害リスクは、主に「火災リスク」と「震災リスク」に分けられます。これらのリスクは単に物件の損壊だけにとどまらず、入居者に万が一のことがあった場合にはオーナーが損害賠償責任を問われる場合があるので、事前に対策を打つことが大切です。

対策1.1981年以降に作られた物件選び

1981年以降に作られた物件は新耐震基準法により、「震度6強以上の地震で倒れない住宅」として定められています。この基準をもとに震災リスクが軽減できる住宅を選びましょう

対策2.住宅密集地を避けた物件選び

災害に見舞われた場合、逃げ道を確保するという意味でも歩道や空き地の確保ができる物件選びをおすすめします。また、緊急車両が通れるだけの道幅の確保も必要です。

対策3.物件や設備の点検を怠らない

物件の設備不備や不調が原因で起こる火災もあります。そして入居者が怪我をしたり、最悪、死亡に陥ってしまったりした場合、オーナーの責任が問われますので、設備の点検業務は怠らないようにしましょう。

対策4.保険に加入する

耐震性や防火性に優れた物件を選択することはもちろんですが、災害リスクに備え、保険に加入することで最も安心できます。火災保険は原則、全てのオーナーが加入しており、補償内容に台風などの自然災害による項目も明記されています。地震保険は、補償の程度によって掛け金も変わってきますので、不動産会社など専門家のアドバイスを参考にすると良いでしょう。

災害リスクを軽減するなら新築アパートがおすすめ

新築でも中古でも保険加入は絶対ですが、アパートの設備面や耐震性、防火性を考えた場合は中古アパートでは不安が残る点があります。その反面、新築アパートであれば物件や設備面が新しいことからも、災害リスクを軽減することができるでしょう。

>アパート経営のリスクと注意点とは?

Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ