logologo
読めば解る!新築アパート投資ガイド » 新築アパート投資に関する基礎知識 » 中古アパートに比べて仲介手数料がかからない

中古アパートに比べて仲介手数料がかからない

中古アパートを購入する際は不動産仲介会社を経由して不動産を購入するため、仲介手数料を仲介会社に支払う必要があります。しかし新築アパート投資の場合は不動産仲介会社を経由せず直接建築会社と契約をかわすため、仲介手数料は発生しません。

仲介手数料を土地売買分のみにすることが可能

中古アパートを購入するのであれば、建物売買分と土地売買分を合わせた多額の仲介手数料を不動産仲介会社に支払う必要があります。

しかし新築アパート投資では、建物については建築会社と直接建築請負契約を締結するため仲介手数料は発生しません。業者に支払う仲介手数料を土地売買分のみにすることが可能となり、購入する物件によっては数百万単位で仲介手数料を抑えることが可能となるのです。

ちなみに仲介手数料の上限額は法律で決まっており、不動産の取引額に応じて変動します。

新築と中古アパートの仲介手数料を1億円の物件で比較

不動産投資を行った初期段階では、様々な経費や予想外の出費が発生するためできる限り自己資金は残しておくことが重要です。新築アパートを購入した場合とと中古アパートを購入した場合とでは、支払うべき仲介手数料が大きく異なるため、気をつける必要があります。

ここでは、新築アパートと中古アパートの仲介手数料を1億円の物件で比較していきます。仮に1億円の中古アパートを1棟購入した場合、不動産仲介業者に支払う仲介手数料は

(1億円×3%+6万円)×消費税=330万4,800円となります。

他方、新築のアパートを5,000万円で購入し、合わせて土地も5,000万円で購入した場合、同じ1億円の取引であってもでも、土地の5000万円にのみ仲介手数料が発生します。この場合不動産仲介業者に支払う仲介手数料は

(5,000万円×3%+6万円)×消費税=168万4,800円となります。

このように、新築のアパートを購入した場合は中古アパートを購入した場合と比べて、支払うべき仲介手数料は162万円も安くなります。

まとめ

今回は、不動産投資における中古アパートと新築アパートの仲介手数料の違いについて解説してきました。投資する金額が大きければ、支払うべき仲介手数料も金額も大きくなります。

不動産投資を行う際は信頼できる不動産投資会社の存在が重要です。今後不動産投資を行う際は、地域に密着した定評のある不動産投資会社を探してみてはいかがでしょうか。

新築アパート投資
を扱う不動産会社
3選

人気エリアで
高利回りを実現

リバイブル
利回り目安
約6.59
公開物件数
67棟
(自社開発)

デザイン性と設備で
付加価値の追求

ブルーアセット
パートナーズ
利回り目安
約68
公開物件数
205棟
(自社開発・仲介)

リノベーションで
適切な空室対策

モダンアパートメント
利回り目安
約6~8
公開物件数
68棟
(自社開発・仲介)

※2020年10月時点の情報。公式HPの情報をもとに東京23区内の利回りを掲載しています。

参照:リバイブル(https://rebible.co.jp/lp2/)※最低利回り目安は、電話調査で仕入れた情報です
参照:ブルーアセットパートナーズ(https://www.b-a-p.jp/suimenka/)
参照:モダンアパートメント(http://www.m-apartment.co.jp/service/produce.html)

新築アパート開発を行う投資会社 利回り比較
土地探しから始めるアパート投資のススメ