logologo
読めば解る!新築アパート投資ガイド » 新築アパート投資に関する基礎知識 » アパート投資と確定申告

公開日: |最終更新日時:

アパート投資と確定申告

このページでは、アパート投資で忘れてはいけない確定申告について解説しています。

アパート投資では確定申告が必要

20万円以上の所得があれば確定申告が必要

確定申告とは、1月1日から12月31日までの間に発生した所得について、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告し、税額を決定するための手続きです。

確定申告は勤め先からの給与以外で「20万円以上の所得」が発生した場合、必ず行わなければなりません。

確定申告で「知らなかった」は通用しない

企業に勤めて給料を受け取っている人の場合、基本的に会社が税金について必要な手続きを行ってくれるため、普段は意識していないという人も少なくありません。

しかし、アパート投資など不動産投資を始めれば、必ず確定申告を行うべきタイミングが訪れます。そのような際に、これまで確定申告をしたことがないからといって必要な手続きをしないままでいると、後々に大きな問題に発展するでしょう。

確定申告には「青色申告」と「白色申告」がある

確定申告には大きく「青色申告」と「白色申告」の2つの種類があります。

白色と青色の違いは、簡単にいえば手続きの複雑さです。一般的に白色申告が簡単で、青色申告は複雑な手続きとなっています。また、そのため青色申告の方が税制上のメリットを得やすいという点も重要です。

ただし、昔に比べて現代は白色申告でも必要な手間が増えており、不動産投資を行っている人は基本的に青色申告を選択することが無難です。

青色申告承認申請書とは?

確定申告で青色申告を選択しようとする人は、不動産投資を始めてから2ヶ月以内に必ず税務署へ「青色申告承認申請書」を提出していなければなりません。

確定申告の流れ

確定申告の流れは以下のようになります。

  1. 必要書類の準備
  2. 決算書の作成
  3. 確定申告書の作成
  4. 必要書類を提出(申請)

必要書類の準備

不動産投資の事業収入や経費などに関する全ての書類を用意します。なお、その他に収入や所得がある場合、それらについても必要書類を用意します。また、会社からの給与所得などがある場合、源泉徴収票も用意しておきましょう。

決算書の作成

事業によって得た収入や支出をまとめた決算書を作成します。青色申告では「青色申告決算書」を、白色申告では「収支内訳書」を作成します。

確定申告書の作成

決算書や源泉徴収票などの内容をまとめ、控除関係書類などを添付する段階です。

必要書類を提出(申請)

決算書や確定申告書の作成が完了すれば、必要書類を提出します。なお、提出方法には書類を税務署へ直接持ち込む他にも、マイナンバーカードやICカードリーダー、E-Taxソフトなどを使って自宅から提出できるオンライン申請もあります。

新築アパート投資
を扱う不動産会社
3選

人気エリアで
高利回りを実現

リバイブル
利回り目安
約6.59
公開物件数
67棟
(自社開発)

デザイン性と設備で
付加価値の追求

ブルーアセット
パートナーズ
利回り目安
約68
公開物件数
205棟
(自社開発・仲介)

リノベーションで
適切な空室対策

モダンアパートメント
利回り目安
約6~8
公開物件数
68棟
(自社開発・仲介)

※2020年10月時点の情報。公式HPの情報をもとに東京23区内の利回りを掲載しています。

参照:リバイブル(https://rebible.co.jp/lp2/)※最低利回り目安は、電話調査で仕入れた情報です
参照:ブルーアセットパートナーズ(https://www.b-a-p.jp/suimenka/)
参照:モダンアパートメント(http://www.m-apartment.co.jp/service/produce.html)

新築アパート開発を行う投資会社 利回り比較
土地探しから始めるアパート投資のススメ