logologo
読めば解る!新築アパート投資ガイド » 新築アパート投資に関する基礎知識 » 新築アパート投資の物件選び

新築アパート投資の物件選び

このページでは、新築アパート投資で重要となる物件選びについて分かりやすくまとめています。

新築アパート投資の成功の鍵は物件選び

新築アパート投資で利益を得る方法は大きく2パターン

新築アパート投資において、収入を得る方法の1つが入居者からの家賃収入(インカムゲイン)であり、もう1つが不動産を売却した際の売買差益(キャピタルゲイン)です。

新築アパートは中古アパートよりも家賃を高く設定しやすく、インカムゲインを得やすいことが特徴です。しかし、物件の取得にかかる費用も高額になるため、適正なキャシュフローを考えるならば物件選びを無視することはできません。

また、空室が増えて家賃収入が減り、ローンの返済が困難になった場合などは不動産を売却して現金化を目指す出口戦略も重要になります。

ただし、新築アパートを売却する際は中古物件として査定されるため、取得費に対して満足できる売却額に届かないこともあり、やはりきちんとした物件選びを行って空室リスクを抑えた投資プランを構築しておくことが欠かせません。

新築アパート投資の物件選びの基準

人気エリアにある物件

駅チカの物件や周辺環境の整っている物件、さらに街としての人気が高いエリアにある物件であれば、建築物としての条件が多少悪かろうとも入居希望者は見つかりやすくなります。

なお、周辺施設の利便性を考える場合、物件が単身者向けかファミリー向けか、住居用か事業用か、といった用途でも基準が変わるので注意してください。

人口が増加傾向にあるエリアの物件

人口が増えているエリアであれば、住居用の物件に対するニーズも増加傾向にあると想定できます。また、人口減少率が低いエリアであれば、若者が成長した時など将来的に賃貸ニーズが高まることもあるでしょう。

建築物としての構造や設備が信頼できる

新築アパートであっても構造や設備に問題があれば、修繕費用が発生するリスクが高まります。そのため、工事や設備に関する信頼性を確認しておくことは必須です。

また、セキュリティ機器などが完備されていて安全面での信頼が高ければ、入居者にも安心感を提供することができます。

物件選びでは現地調査が大切

書類や資料では魅力的に見えた物件でも、実際に現地を訪れて初めて分かる情報もあります。

新築アパート投資の成功率を高めるためには、自分が入居者の目線で物件の価値を考えられるよう、現地を訪れて建物内や周辺を歩いてみることも大切です。

新築アパート投資
を扱う不動産会社
3選

人気エリアで
高利回りを実現

リバイブル
利回り目安
約6.59
公開物件数
67棟
(自社開発)

デザイン性と設備で
付加価値の追求

ブルーアセット
パートナーズ
利回り目安
約68
公開物件数
205棟
(自社開発・仲介)

リノベーションで
適切な空室対策

モダンアパートメント
利回り目安
約6~8
公開物件数
68棟
(自社開発・仲介)

※2020年10月時点の情報。公式HPの情報をもとに東京23区内の利回りを掲載しています。

参照:リバイブル(https://rebible.co.jp/lp2/)※最低利回り目安は、電話調査で仕入れた情報です
参照:ブルーアセットパートナーズ(https://www.b-a-p.jp/suimenka/)
参照:モダンアパートメント(http://www.m-apartment.co.jp/service/produce.html)

新築アパート開発を行う投資会社 利回り比較
土地探しから始めるアパート投資のススメ