logologo
読めば解る!新築アパート投資ガイド » 新築アパート投資に関する基礎知識 » 新築アパート投資で融資が有利になる?

新築アパート投資で融資が有利になる?

このページでは、新築アパート投資が金融機関からの融資を受けやすいとされる理由についてまとめています。

新築アパート投資は融資審査に通りやすい?

重要なポイントは「法定耐用年数」

金融機関からアパート投資の事業性融資を受けようとした場合、融資担当者は融資期間を考える根拠として、対象アパートの法定耐用年数を使用します。

法定耐用年数とは、アパートの構造ごとに法律で定められている期間であり、その年数は物件価値を算定する上で重要な基準です。

中古アパート投資は融資を受けにくい?

アパート投資では、最初に物件取得費用としてまとまった金額を用意し、それを家賃収入によって回収しながら、最終的に家賃収入の利益効率を追求していきます。そのため、ローン期間が短くなると、短期間で融資額を完済させる必要があり、月々の負担が大きくなります

また、返済に少しでも無謀さを認められれば、金融機関は最初からリスク大として融資を断るため、結果的に融資審査へ通りにくくなるでしょう。

アパートの法定耐用年数は、アパートが完成した時点から差し引かれていくため、築年数が増えるほどに残りの法定耐用年数は短くなります。そのため、物件が古くなれば古くなるほど、融資審査の難易度は上がります。

新築アパート投資は融資審査に通りやすい

法定耐用年数をまるごと融資期間として考えられる上、様々な資料やアパートの現状をきちんと確認しやすい新築物件の場合、金融機関の融資審査でも比較的有利に働きやすいといえそうです。

加えて、近年はマイナス金利政策などによって金融機関の融資姿勢が積極化しており、きちんと構築された事業計画や投資プランであれば、融資審査に通る可能性も高まります。

新築アパート投資で融資を受ける秘訣は冷静かつ詳細な投資プラン

新築アパート投資は、中古アパート投資よりも金融機関から融資を受けようとした際に有利といえます。しかし、あらゆる投資において絶対に成功すると保証されているものはなく、実際に投資を成功させようと考えれば、何よりもしっかりとした投資プランを事前に構築し、無理のない融資額や利息、家賃収入にもとづくキャッシュフローを試算することが欠かせません。

専門家のアドバイスを受けながら、詳細な投資プランを構築することは、融資担当者へのアピールになるだけでなく投資の成功率を高める上でも有効です。

新築アパート投資
を扱う不動産会社
3選

人気エリアで
高利回りを実現

リバイブル
利回り目安
約6.59
公開物件数
67棟
(自社開発)

デザイン性と設備で
付加価値の追求

ブルーアセット
パートナーズ
利回り目安
約68
公開物件数
205棟
(自社開発・仲介)

リノベーションで
適切な空室対策

モダンアパートメント
利回り目安
約6~8
公開物件数
68棟
(自社開発・仲介)

※2020年10月時点の情報。公式HPの情報をもとに東京23区内の利回りを掲載しています。

参照:リバイブル(https://rebible.co.jp/lp2/)※最低利回り目安は、電話調査で仕入れた情報です
参照:ブルーアセットパートナーズ(https://www.b-a-p.jp/suimenka/)
参照:モダンアパートメント(http://www.m-apartment.co.jp/service/produce.html)

新築アパート開発を行う投資会社 利回り比較
土地探しから始めるアパート投資のススメ