logologo
読めば解る!新築アパート投資ガイド » 不動産投資会社の物件例や特徴・評判をチェック » 生和コーポレーション
株式会社

生和コーポレーション
株式会社

生和コーポレーション株式会社公式HP
画像引用元:生和コーポレーション株式会社公式HP
(https://www.seiwa-stss.jp/)

生和コーポレーション株式会社の利回り目安・入居率

利回り目安 記載なし
入居率 98.0%(※)
種別 自社開発

※2020年10月時点の情報。生和コーポレーション株式会社HPより。
参照:https://www.seiwa-stss.jp/service_support/sublease/

新築アパート投資で長期的な資産運用を目指すなら?
不動産投資会社を利回りで比較

生和コーポレーション株式会社で投資をした方の口コミ評判

  • 企画力、価格、柔軟性の点から生和コーポレーションで新築アパートを建てました。私たちの疑問に対して、しっかり調査・確認したうえで回答していただける誠実な対応にも魅力を感じました。(60代・男性)
  • 清掃や入居者対応など、物件管理業務には満足しています。不動産投資は息の長い経営ですから、資産価値を保つためにもこうしたサポートにとても満足しています。(50代・男性)
  • 賃料を決める際、あまり高いと入居率が下がるのではと懸念したのですが、完成してから1カ月でほぼ満室に。このアパートなら、その家賃を払う価値があるというニーズをしっかり把握しているからこそ、成功したと思います。(60代・男性)

業界でも老舗「生和コーポレーション株式会社」

生和コーポレーションは、新築アパート投資をはじめ賃貸マンション経営や土地活用など、不動産投資全般を扱う会社です。

設立は1971年ですから半世紀近い歴史を持ち、業界でも老舗の部類。関西や関東を中心に土地活用一筋で、これまで9万戸以上の物件管理実績があります。

土地活用のエキスパート

生和コーポレーションの大きな特徴は、土地活用のコンサルティング力にあります。

例えば、工場を廃業して新築アパートの投資物件を建てるというように、もともと土地を持っているオーナーに収益物件を提案するというスタイルが多いようです。

場所によってターゲットが異なりますから、綿密なマーケティングリサーチのもと、賃貸併用住宅にするとどれだけの収益が期待できるか、ローンのシミュレーションなどもあわせてコンサルティングしてくれます。

物件管理や高い家賃保証でオーナーをサポート

新築アパート投資物件の管理業務は、生和コーポレーションが代行します。

24時間365日体制で、入居者のトラブルやクレーム対応を行うほか、建物の点検も無料で実施してくれます。入居率は高く、98%台をキープしているようです。

また、空室リスク対策として業界最長35年間の家賃保証が付帯。その割合は90%(2020年10月時点)と、業界でも高い水準の保証を付けています。

生和コーポレーション株式会社の特徴まとめ

「オーナーの利益こそが最優先」というポリシー

創業から半世紀という歴史、累計着工戸数は10万戸以上という実績がありながら、生和コーポレーションは株式上場しないというポリシーも持っているようです。

それは、過剰なまでに金融資本主義経営を進め株主の利益を優先するよりも、「オーナーの利益を優先すべき」という考えがあるから。

多彩なラインナップで安心・安全な投資物件を提供すること、それによってオーナーの利益を最大化することを、生和コーポレーションは使命としています。

生和コーポレーション株式会社の物件&想定収入例

※土地面積130坪の場合

住所:非公開
間取り:1K、2LDK
戸数:9戸(1K×8、2LDK×1)
価格:1億円
年間想定収入:840万円
取引態様:要問合せ

生和コーポレーション株式会社の基本情報

会社名 生和コーポレーション株式会社
所在地 東京都千代田区神田淡路町1-3 生和淡路町駅上ビル
事業形態 土地活用・賃貸経営のサポートおよびコンサルティングサービスを提供
物件取扱エリア 近畿圏、首都圏、東海、九州

まずは専門家に相談!

不動産投資を始める場合、ネットでさまざまな情報を入手することも可能ですが、投資セミナーへ参加や専門家に直接話を聞くことが重要です。目まぐるしく変わる市場についての情報や、数多く手がけた経験やノウハウを基にした知識を活用し、資産運用を成功に導きましょう。

新築アパート投資
を扱う不動産会社
3選
ブルーアセット
パートナーズ
利回り目安
約68
公開物件数
205棟
(自社開発・仲介)
リバイブル
利回り目安
約6.59
公開物件数
           
66棟
(自社開発)
モダンアパートメント
利回り目安
約6~8
公開物件数
68棟
(自社開発・仲介)

※2020年10月時点の情報。公式HPの情報をもとに東京23区内の利回りを掲載しています。

参照:リバイブル(https://rebible.co.jp/lp2/)※最低利回り目安は、電話調査で仕入れた情報です
参照:ブルーアセットパートナーズ(https://www.b-a-p.jp/suimenka/)
参照:モダンアパートメント(http://www.m-apartment.co.jp/service/produce.html)

新築アパート開発を行う投資会社 利回り比較
土地探しから始めるアパート投資のススメ