MENU

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

成功者に学ぶ不動産投資の秘訣

新築アパート投資ガイド » 【特集】新築アパート投資をもっと知るための比較 » アパートvsマンション

アパートvsマンション

こちらのページではアパートとマンションの投資を比較しているので、ぜひチェックしてみてください。

アパートとマンション、投資するならどっち?

アパートとマンション、どちらに投資するべきか迷っている人はきっと多いはずです。アパート投資とマンション投資は、何が違うのでしょうか。

アパート投資・マンション投資の種類

特徴とメリット・デメリットに注目!

不動産投資におけるアパート経営やマンション経営では、それぞれ特徴があり、目的や成果に見合った方法を選択しましょう。人によって見込む利益や想定リスクの大きさ、自己資金など、何を優先してどんな選択すべきかは変わってくるので、まずは専門家に相談してみることをオススメします。

アパートとマンションの構造

それぞれの「構造」をみると、アパートは木造や軽量鉄骨造で建築されたもの、マンションは鉄筋コンクリート(RC)や鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)などで建築されたものと分けられます。

建築価格の高騰もあり、一棟買いの場合はマンションよりもアパートの方がはるかに建築コストを抑えることができますが、マンションの区分所有の場合は、マンション1部屋、2部屋分でアパート一棟と同じくらいの価格になる場合もあり高額です。

設計の融通性もアパートの方に利点があります。アパート建築は狭小地や急な坂の途中などでも融通が利くので、土地の価格を抑えることができます。しかし、マンションとなるとそうもいきません。土地の価格が高いうえ建築価格の高騰もあるので、最初の投資額はアパートの方が抑えられるでしょう。

アパートとマンションの資産価値

アパートの場合、建物の価値がなくなっても土地は残るので資産がゼロにはなりません。しかし、区分マンションの場合、建物の価値がなくなると資産価値はゼロに等しくなる場合も

また、空室に対するリスクを考えた場合、アパートに6つの部屋を所有していれば1部屋空室となっても家賃は満室時の約17%減収で済みますが、マンション1室所有で空室となってしまうと家賃収入はゼロとなります。

そのうえ、マンションの区分所有の場合は空室になっても共益費や管理費を払い続けなければならないため、実際の収益はマイナスになってしまうのです。

アパートとマンションのメンテナンス

アパートは構造上の問題があり、マンションに比べると老朽化のスピードは早く、築年数が経つにつれてメンテナンス費用もかかってきます。老朽化が進むと空室率が上がるリスクがありますので、こまめなメンテナンスが必要になります。一方のマンションは耐久性が高いので、メンテナンスコストもアパートほどかからないといわれています。

しかし、投資をするのであれば一番重要となるのは利回りです。アパートはマンションと比べて利回りが高く、入居率をトータルで計算することができるため、空室リスクは低めになっています。また、土地も所有できるのも大きなメリットです。

アパートとマンション、どちらに投資をするか迷っているのであれば、専門家の話を聞くことがおすすめ。あなたが知らないようなアドバイスをきっともらうことができますよ。

>新築アパート投資をもっと知るための比較をチェック

Copyright (C) 読めば解る!新築アパート投資ガイド All Rights Reserved.

サイトマップ